秋田県の家具の修理事例

I.Nさんの場合

桐箪笥が壊れてしまったので、新しい物を買うかどうか旦那と相談していたのですが、壊れてるといっても上の部分だけで、あとは普通に使えるのでそのまま使えと言われました。壊れてる物を使うのはなんだか変な気持ちになるので、泣く泣く修理業者に依頼することにしました。そしたら新品みたいになったので、新しい物を買わなくて良かったです。ありがとうございました。

U.Yさんの場合

結婚する時、嫁入り道具として持ってきた大事な桐タンスが汚れてきたことが日々気になっていました。そんな時たまたま新聞の広告で綺麗にする事が出来ると知ったので、インターネットで色々調べて修理をお願いすることにしました。初めての業者さんだったのですが、担当して下さった方が親切でとても良かったです。 家に戻ってきたタンスも新品の様にキレイになっていて、とても満足しています。ピカピカのタンスを見て、新婚当初を思い出に浸っています。

A.Mさんの場合

古い桐たんすがあります。かなり気に入っているので大事に使っています。自分でお手入れしているのですが、たまには業者に修理して見てもらった方が良いのかなと思いました。インターネットで検索してみると、業者を見つける事も出来ます。とりあえず、相談してみたら、話を聞いてくれました。見てもらう事にしたのですが、対応が丁寧で嬉しかったです。大事にしている物ですから、大事に扱ってくれて良かったです。これでまた大事に使えそうです。
※家具修理の費用、価格、料金についても随時掲載していきます。
※近隣の地域の口コミも含まれています。
このページの先頭へ