キーワード「桐たんす修理」関連の口コミ

D.Mさんの場合

桐タンスの取っ手が外れてしまったので、すぐに業者さんに来て直してもらいました。引き出しの中にはたくさんの思い出の写真がしまってあるからです。業者さんはすぐに直してくれたので、さすがプロって感じでしたね。

K.Tさんの場合

昔から使っている我が家の桐だんすの引き出しが開けづらくなってしまい、無理やり引っ張ろうとしたところ取っ手がとれてしまいました。少し古びてきたことが気になっていたので、取っ手の取り付けを含む全体的な修理と洗いも一緒にお願いすることにしました。新品かと思うほどの美しい仕上がりに、家族一同たいへん感激しています。

I.Nさんの場合

昨年の大掃除の際に、祖父母の代から使っている桐箪笥の中にカビが生えているのを発見しました。自分たちでカビ取りを試みようかと思いましたが、せっかくの箪笥を痛めてしまってはいけないので、専門業者の方に洗いを依頼しました。プロの技のおかげでどこにも傷をつけることなく、とてもキレイにしていただいたので大変感謝しております。

E.Mさんの場合

恥ずかしながら、自分は物にあたる癖があるので、こないだも桐タンスの取ってを外してしまいました。同居人からはメチャクチャ怒られてしまったので、早急に業者さんに修復してもらいました。どうもすみませんでした。

O.Yさんの場合

姉が癇癪持ちなので、タンスを2階から落としてしまいました。どこからそんな力があったのやらと驚きを隠せませんでしたが、そのまま捨てるのももったいないと思ったので、業者の人に壊れたタンスを修復してもらいました。

N.Oさんの場合

うちの息子が暴れん坊なので、タンスを壊してしまいました。当然息子には往復ビンタ並の説教をしたのですが、イマイチ反省はしていないようです。壊れたタンスは業者さんに直してもらいましたが、また壊された時はよろしくお願い致します。

H.Mさんの場合

娘が嫁ぐので、昔から世話になっている大阪の家具屋に頼んで修理をお願いしました。凄く綺麗に直してもらって、やっぱりベテランの職人さんは違うなと思いました。

F.Tさんの場合

長年使っていた桐箪笥の蝶番が壊れてしまったので、修理をお願いしました。一ヶ月ほど掛けて修理をしてもらいましたが、外装を研磨して綺麗になって返ってきたので、まるで新品を買い直したかのような感じがしました。

F.Nさんの場合

関西地方に住んでいます。私は長女で曾祖母の代から桐箪笥を譲り受けています。傷んでは手入れをし、傷んでは手入れをしの繰り返しで本当に長く使っています。着物だけではなく、大切な洋服もそこに保管しています。手入れをしてくださるのは昔から馴染みの職人さんで、仕事も丁寧で安心出来ます。

M.Yさんの場合

相模原市に在住です。私の家には代々受けつかがれてきた桐箪笥があります。もうすぐ娘も嫁入り予定なので、娘にこの桐箪笥を受け継がせて上げたいとおもいましたので、少しでも綺麗な状態で渡してあげたいなと思い。桐箪笥を修理に出しました。綺麗になった桐箪笥を見ながら娘の嫁入りを楽しみにしています。
このページの先頭へ