キーワード「桐たんす修理」関連の口コミ

F.Iさんの場合

母が昔使っていた桐たんす。倉庫においていたらカビが生えてしまいまして、捨てるのは忍びなく、今回修理を依頼しました。まるで新品のように生まれ変わりました。

H.Yさんの場合

昔から使っていた桐たんすの清掃を依頼しました。染みや変色、金具が外れてみっともない状態でしたが、元通りの綺麗な状態に戻して頂けました。

H.Iさんの場合

我が家自慢の桐たんすの引き出しがある時期からとても開き辛くなり、家内の力では動かせないほどになっていました。修理をお願いすると思ったよりも短い時間で引き出しはすっかり軽くなり、今では母の力でも簡単に引き出せるようになりました。

D.Eさんの場合

引っ越しの際に実家にいた頃から使っていたタンスを落としてしまいました。引き出しが開かなくなって困っていたのですが、修理をしていただいたところすっかり元通りになり、直ると思っていなかったのでとても助かりました。

E.Fさんの場合

祖母が長い間使っている桐たんすがかなり傷んでいたのですが、祖母が出来ればまだ使いたいというので修理をお願いしました。綺麗に直していただいてあちこちの引っ掛かりもなくなったので、祖母も使いやすくなったと喜んでいます。

D.Hさんの場合

桐たんすが無事元通りに戻って来た時は嬉しくて小躍りしてしまいました。それだけ桐たんすを大事にしていたからです。これからも大事にさせてもらいます。ありがとうございました。

K.Uさんの場合

子供が桐たんすを壊してしまったので、すぐに業者に修理を依頼しました。子供は泣いてしまいましたが、業者がちゃんと修理してくれたこともあるので、慰めました。

U.Yさんの場合

桐たんすを修理してもらいました。元々何故桐たんすを所有していたかというと、やはりその見た目の美しさに惹かれたからです。でも、いくら大切に扱っていても、やっぱり壊れる時は壊れるんですね。業者さんが適切な処置で修理してくれたので助かりました。

D.Mさんの場合

同居している母が嫁入り道具として持ってきていた桐ダンスに、娘が不注意でキズをつけてしまいました。母は気にしなくていいと言ってくれましたが、やはり申し訳なかったので専門の修理業者を探すことにしました。しかし修理費用の相場などがまったくわからなかったので、ネットの比較サイトの口コミなどを参考にするとともに、一括見積もりサービスを利用してさまざまな修理業者さんから相見積もりを簡単にいただくことができました。修理だけでなく洗いもやっていただけて、母も大変喜んでくれました。

E.Iさんの場合

祖父から受け継いだ桐箪笥。そんな桐箪笥に誤って大きな傷を付けてしまいました。こんな大きな傷を修復してもらえるのか不安でしたが、そこは業者さんの腕の見せ所。あっという間でした。
このページの先頭へ