九州・沖縄の家具の修理事例

A.Iさんの場合

九州・沖縄地方に引っ越しした時にぶつけて桐箪笥に傷がついてしまい桐箪笥の修理をお願いしました。 とてもいい仕上がりで満足しています。 ありがとうございました、またお願いするかもしれません。

H.Mさんの場合

引き出しの取っ手が取れて無くなってしまい、その他の場所も大分古びてきていたので、纏めて修理をお願いしました。外側の板を全て削りなおして、とっても新しい金具を取り付けてもらい、まるで新品のようになりました。

D.Yさんの場合

今では空き家になってしまった実家にある桐箪笥を、新しい家で使うために修理してもらいました。値段は想定よりも高かったですが、新調したかのような桐タンスの姿を見て、そんなの気にならないくらい満足しました。

D.Nさんの場合

タンスは良いものを置きたいと思い、数年前に桐タンスを購入しました。 使っているうちに、引き出しなどの細かいところが破損していることに気づきました。 普通に使う分にはまったく問題ないのですが、良いものなので定期的にしっかりとメンテナンスをしたいと思いました。 そこで、インターネットなどを見て修理をお願いすることにしました。 細かいところでもきれいに直してもらえたので、これなら永く大切に使えると思い満足できました。

D.Oさんの場合

祖母から譲り受けた桐たんすは年代もので引き出しがきつく開け閉めに一苦労していたのですが、形見なので捨てる訳にもいかず、修理して頂きましたが、とてもスムーズに引き出しの開閉が出来る様になり感激しています。インターネットで探したので多少の不安はありましたが、スタッフの方にとても親切にして頂いたのもとても嬉しかったです。今まで開閉がし辛いからと洋服等を入れるのを躊躇していましたが、今では一番使用度の高いたんすになり良かったです。
※家具修理の費用、価格、料金についても随時掲載していきます。
※近隣の地域の口コミも含まれています。
このページの先頭へ