茨城県の家具の修理事例

A.Yさんの場合

昔から使っている我が家の桐だんすの引き出しが開けづらくなってしまい、無理やり引っ張ろうとしたところ取っ手がとれてしまいました。少し古びてきたことが気になっていたので、取っ手の取り付けを含む全体的な修理と洗いも一緒にお願いすることにしました。新品かと思うほどの美しい仕上がりに、家族一同たいへん感激しています。

A.Tさんの場合

自宅の桐タンスなのですが、不注意で壊してしまいました。 祖母の代からのとてもいいものなので、なんとか直して綺麗に大事に長く使いたいと思い、業者に修理を依頼することにしました。 できるだけお金をかけずに綺麗に直してもらいたいと思ったため、業者選びはネットでいろいろみて慎重に行いました。 良さそうな業者に巡り合えたので良かったです。 格安で丁寧に直してもらえたのでとても満足しています。またこうした機会があればぜひ利用したいと思います。

H.Oさんの場合

家具は長く使えるものをと数年前に思い切って購入した桐たんすですが、不注意から傷をつけていまいました。さほど目立つ傷ではなかったのでそのまま使用することも考えましたが、たんす全体を長持ちさせるためにはやはり修理しておいた方が良いと思い、手入れもかねて専門の職人にみてもらうことにしました。ただ、近所ではなかなか桐の家具を扱うお店を見つけられず、インターネットで色々探し回って、これはと思う店に仕事をお願いしました。家具の修復は初めてですので料金のことが少し心配でしたが、そこは安くて、これなら定期的に利用しても良いと思いました。
※家具修理の費用、価格、料金についても随時掲載していきます。
※近隣の地域の口コミも含まれています。
このページの先頭へ