和歌山県の家具の修理事例

A.Yさんの場合

傷や痛みが多くなんとかしたいと思っていてもそのままの状態でした。親戚から桐タンスの修理ができる業者を進められて依頼することに・・・。思ったより費用もかからず綺麗になりました。どんな部屋にもあう感じで仕上がってもどってきたので新しいタンスを買った気分にもなりました。それにともないインテリアを考えなおしたいと思います。楽しくなりました。

F.Iさんの場合

昔から手仕事の味わいのある古いものが好きで、そういったものを集めてきました。桐タンスも私のコレクションのひとつです。良いものなので、私の代だけでなく、娘や孫にも受け継いで欲しいと願っています。それで、修理に出すことにしました。良いタンスは、長く使ってこそ、その良さが滲み出てくるものです。ですから、それを維持していく側も定期的なメンテナンスを施す責任があるのです。今回、きちんとしたところで手直ししていただけて良かったです。

A.Uさんの場合

家を転居する際に購入した桐たんすは、他のたんすと比較するとかなり高額で、とても大切にしている家具です。 ずっと長く使いたいという思いから、日々の手入れも、他の家具よりも念入りにしているほどです。 そんな中、引き出しの底板に気になる個所が出てきて心配になり、修理が可能かどうか、インターネットで検索しました。 底板の部分の修復ができるということで、業者に依頼をお願いをしました。 希望通りに仕上げていただき、大変満足しています。
※家具修理の費用、価格、料金についても随時掲載していきます。
※近隣の地域の口コミも含まれています。
このページの先頭へ