鳥取県の家具の修理事例

U.Yさんの場合

今は亡き祖母の形見として桐箪笥を使っていました。経年劣化が著しく引き出しを開くのも中々開かず挙句の果てに閉まらなくなってしまいました。祖母の桐箪笥は生前大事に使っていたのを見ていたので簡単に捨てたくありませんでした。なので桐箪笥修理を頼むことになり、早速業者の方に来ていただきました。綺麗になってちゃんと引き出しもスムーズに開け閉めできるようになったので本当に修理を頼んで良かったです。

A.Iさんの場合

母が婚礼タンスとして買い、ずっと大切にしてきた桐タンスを私がもらうことになりました。とても良いものなので、修理して私の婚礼タンスにするつもりです。インターネットで調べて、こちらで手直ししてくれることを知りました。どんなに大切にしてきたタンスでも長い間使えば少しくらいの狂いは出てきますから、今回きちんと直しておこうと思います。思い出がいっぱい詰まったタンスを美しく手直ししてもらうことができて本当に良かったです。

O.Tさんの場合

我が家には祖母から譲り受けた古い桐の箪笥があります。 かなり昔の物らしくすっかり黒ずんで、一目見た時は桐とは分かりませんでした。 品は良い物だと聞きましたので綺麗な姿に直したいと思い、インターネットで桐たんすの修繕をしてくれる業者さんを探しました。 幸い近所に業者さんがあり、早速修理をお願いしました。 おかげ様で表面が綺麗になっただけでは無く、開けたてがきつかった引き出しも直してもらえ、新品同様の姿になりました。 優しかった祖母の思い出とともに、この箪笥を大事にしていくつもりです。
※家具修理の費用、価格、料金についても随時掲載していきます。
※近隣の地域の口コミも含まれています。
このページの先頭へ